事業概要

奨学金事業のご紹介

奨学金貸与制度

公益財団法人 福岡労働衛生研究所(以下、「弊所」という)は、医療職の資格を取得するために医療系の大学、専門学校等に在学する者又は入学を希望する者に対し「(公財)労衛研学生奨学金」の平成30年度の奨学金貸与希望者を募集します。

この「(公財)労衛研学生奨学金」の貸与は、将来、医師、技師、看護師など医療職として地域医療に貢献していただく志を持った皆さんを支援するために行っているものです。

弊所は、内閣府認定の公益財団法人として高齢化社会に対応すべく、がんの撲滅、生活習慣病などの予防医学事業のほかに、地域社会に貢献する医療系学生の教育事業と経済的支援を行う奨学金貸与事業を公益事業として推進しています。

なお、奨学金を利用して学校を卒業後、内閣府認定の弊所で勤務していただくことにより、奨学金の返還を全額又は一部免除することが可能です。



 

公益財団法人 福岡労働衛生研究所 奨学生募集要項

1.応募資格

医療職の資格を取得するために医療系の大学、専門学校等に在学する者又は入学を希望する者で、経済的理由により授業料の納入が困難であると認められ、学校推薦を受けた者及びその他の生活困窮者で弊所が認めた者。

※ 各学校を卒業後、弊所に 勤務する意志のある方を求めます。
 

2.募集する学校

募集する学校は、特に指定しません。医療系の大学・専門学校等、及び高等学校等であれば応募可能です。
 

3.奨学金の貸与期間、貸与月額など

貸与期間は、正規の修学期間とし、月額5万円単位で10万円以内です。

※その他、入学金、入学準備資金などについても希望により貸与を行うことがあります。(10万円単位で50万円まで)

 

4.応募書類

応募に際しては、次の(1)~(4)の書類を学校経由で提出して下さい。

(1)奨学生願書
(2)奨学生推薦書
  (3)  健康診断書
  (4)  家計維持者の収入証明書

※応募書類の内容について、電話あるいは直接面接にて確認することがあります。
 

5.募集期間

毎年10月から翌年1月中旬まで(年度により変わる可能性がありますのでご注意下さい)
 

6.選考

  • 奨学金は、奨学生選考委員会が応募書類を基に選考した後、弊所の代表理事会長(以下「会長」という)の承認を得て、学校長及び本人あてに、また社会人の場合は本人あてに採用内定を通知します。
  • 奨学金は、原則他の奨学金との併用は不可です(ただし、日本学生支援機構等の奨学金は除く)。

 

7.採用通知時期

毎年2月末までに学校長及び本人あてに通知します。
入学、進学が前提で奨学金を貸与する場合は、入学、進学しないとき、採用は取り消すことになります。
 

8.採用した奨学生等に対する説明会

新たに採用された奨学生及び卒業される奨学生を対象とした奨学金の貸与並びに返還に関する説明会を3月末に行ないます。
説明会は、本人の出席を原則とします。その際に奨学金の貸与に必要な書類の提出等の手続きを行います。
 

9.奨学金の貸与開始及び返還開始

  • 奨学金の貸与開始
    各学校へ進学する年の4月から原則毎月21日に弊所が許可する金融機関の本人口座へ直接振り込みを致します。
     
  • 奨学金の返還開始
    奨学金の貸与期間満了後(卒業後)、貸与が終了した月の翌月から起算して3ヶ月を経過した後6年以内に貸与された奨学金の全額を返還しなければなりません。ただし、奨学金は、無利息とします。返還方法は原則奨学生本人名義の銀行口座からの自動引き落としになります。
    なお、災害、傷病等やむを得ない事由によって返還が困難となった場合は、「返還猶予申請」の手続きを行い、許可された場合は、返還が一定期間猶予されます。
     
  • 奨学金の返還免除
    奨学生であった者が、奨学金の支給終了後、直ちに弊所に3年間勤務し、かつ貸与月額が10万円の場合は貸与期間の2倍、月額5万円の場合は貸与月額と同じ期間を、その後引き続き弊所に勤務した場合は、奨学金の全額の返還を免除します。
    弊所への勤務期間が上記に掲げる期間に満たずに退職する場合は、貸与金額の全額または一部を返還していただきます(詳細については下記事務局までお尋ね下さい)。

 

書類提出先及び奨学金に関する問合せ先

〒815-0081 福岡市南区那の川1-11-27 
公益財団法人 福岡労働衛生研究所 (公財)労衛研 奨学金 事務局

担当:中川 

TEL:092-526-1034(スマートフォンから電話する)
FAX:092-526-1039