事業概要

ヘルスアップサポート事業

臨床心理士

 
臨床心理士

 

臨床心理士とは

ストレス社会

ストレス社会といわれる現代、どのようにストレスと付き合い、こころとからだの健康を大切にしていくかが身近なテーマとなりつつあります。

臨床心理士は、こころの健康をサポートする専門家です。こころの健康やカウンセリングについて、専門的な教育・訓練を受けています。

専門的な知識や技術を用いて、こころの健康の維持増進や問題解決にアプローチします。

 

臨床心理士が行う『こころの健康づくり』

カウンセリング

仕事のことや家庭のことなど、個人が抱えるストレスや不安に対応します。

セミナー・研修

こころの健康やストレス、コミュニケーション、相談対応など様々なテーマにて実施しています。

 

事例対応相談

当事者本人だけではなく、当事者に対応する関係者の方々からの相談を受けます。

情報発信

広報誌などを通じて、仕事や生活に役立つこころの健康情報を発信します。


サポートプランの提案

企業組織や地域に対し、こころの健康問題への取り組み方を提案します。

臨床心理士が行う『こころの健康づくり』

 

 

労衛研『こころの健康づくり』サービスの概要

企業をサポートする

各企業に臨床心理士が専属でつき、産業保健スタッフや人事担当者と連携しながら、企業のメンタルヘルス問題の解決を支援します。

 
 

地域社会をサポートする

地域が実施する健康関連のセミナーやイベントについて、こころの健康問題に関わるテーマの実施を支援します。